デトランスαの効果と成分

ワキ汗やワキガ対策に使用されるデトランスαには、アルコールデナやアルミニウムクロリッド、アルミニウムラクタート、プロピレングリコル、グリセリルステアラット、セチルパルミタット、スラミクロクリスタリン、トリイドロクシステアリンなどが具体的な成分として含まれています。

ワキ汗を抑制する成分は、アルミニウムクロリッドで、汗の水分と反応して水酸化アルミニウムに変化し、汗腺の蓋をする働きをして汗を抑制します。また、汗の出入口を引き締める作用も期待できます。ワキ汗を抑制することで、雑菌の繁殖予防が期待できて、汗が少なくなる分汗の乾燥臭予防にも働きかけます。基本的に、脇の臭いの原因は、雑菌の繁殖によるものなので、繁殖する原因になる汗がでなければ、臭いも出ません。

アルミニウムクロリッドは、汗と反応した際に酸を発生しますが、アルミニウムラクタートを配合することで、肌を酸から守るようにしてあります。ワキの匂いを予防するには、肌の乾燥を防ぐことも大切で、デトランスαには保湿成分としてプロピレングリコルが配合されています。

デトランスαは、ワキ汗を抑制する成分と肌を守る成分、乾燥予防成分などがバランス良く配合されていることがわかります。特にワキガの原因アポクリン汗腺やエクリン汗腺などから出る汗を抑制する効果ももちろん期待できるので、ワキガ対策や予防などにも高い効果が期待できることがメリットです。

デトランスαが公式からじゃないと損する3つの理由とは? 戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする