体臭の改善には腸内環境も

体臭の原因の1つに、腸内環境の悪化が挙げられます。

腸には、排出するべき便が溜まっています。すんなりと出ていければ問題がないのですが、便秘気味だと便はそこに留まったままの状態になってしまいます。

便には体から排出しなければいけない有害物質も含まれています。そのままになるとずっと出ていけずに溜まったままの便から、ニオイの素になるガスが発生します。それが口から出ていけば、口臭になってしまうのはわかりやすいですね。

便には有害物質も含まれていますが、溜まったままだと腸壁から再び体内へ吸収されます。せっかく出ていける準備が整っていたのに、体の中に戻ってしまうというわけなんですね。

再吸収された有害物質やガスたちは、なんとか外に出ようと出口を探し始めます。そして見つける1つが、皮膚にある汗腺。ここから出ていくと体臭となって表れる・・・ということです。

良い腸内環境をキープし、便秘にならないようにしておけば、体臭の原因の1つはつぶせるということになります。日頃の食生活で、発酵食品や乳酸菌、野菜などをたくさん摂るように意識しておくことがとても大切!

排便がきちんと自分でできるような体でいれば、体臭の改善にも繋がります。自分で自分の体臭が気になる方、ぜひ腸内環境を改善してみてください。

デトランスαが公式からじゃないと損する3つの理由とは? homeへ戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする